深海DIARY

感想・レビューをひっそり書いています。

【シングル感想】『恋せよ乙女』 WANDS

WANDS 6thシングル

1993年7月7日

恋せよ乙女

恋せよ乙女

  • アーティスト:WANDS
  • EMIミュージック・ジャパン
Amazon

 

 

概要

WANDS6枚目のシングル。

『時の扉』同様、1期のメンバーである大島こうすけ作曲によるシングル。

 

Beingのライナーノーツでは「『時の扉』のような楽曲で行こうという制作陣の意向により大島に発注(BEST OF BESTでは「大島が作曲を担当」と若干文章が違う)とあり、大島こうすけに依頼した感じで書かれているが、上杉さんの自伝では「1期の頃に作っていた曲(要約)」という旨の記述があり、情報に隔たりがある。

 

01 恋せよ乙女

1期のメンバー大島こうすけ作曲。葉山たけしが編曲を担当。

シングルとしては『時の扉』以来の大島ソング。

 

『時の扉』では明石昌夫が編曲を担当していたが、『恋せよ乙女』は葉山たけしが編曲、とアレンジャーを変えて『時の扉』路線を目指してみました、な1曲。

 

レコーディングでは試行錯誤が繰り返された他、人間の叩いたドラムをサンプリングしたループを始めて導入した曲とされる。(『WANDS BEST 〜HISTORICAL BEST ALBUM〜』より)

 

『時の扉』の大ヒットもあり、ダンサンブル+ロックというサウンドはWANDSサウンドの代名詞だったのもあってか、この曲がチョイスされたのかな、といった印象だが、まんま『時の扉』な曲調なのもあって二番煎じ感が強い。

 

リアルタイム世代なら、『時の扉』からファンになった人は待望の1曲、なのかもしれないが、後追い世代の筆者からすると二番煎じ感があるというか、『時の扉』テイストすぎるのがマイナスに働いた、といった感想。

 

葉山たけしによるアレンジにしてはだいぶアクが濃いが、ライナーノーツにあるように試行錯誤していった結果なのかもしれない。

『時の扉』のようなデジロック感は薄れ、ベースラインが意外にも主張しているのは特徴。キーボードも激しくキメている。

 

正直、アレンジ面では煮え切らない印象が強かったが、後のRemix Ver.を聴くとカッコいいな、と思えた曲で、Remix Ver.の方は好み。

 

02 ありふれた言葉で

柴崎浩作曲。

カップリング曲はメロディアスなロックバラード。後に+6としてベストアルバムに選曲された。

 

WANDのロックバラードは1期の「この夢だけを・・・」や2期の「このまま君だけを奪い去りたい」ぐらいだったが、ここにきてカップリング曲での超王道なロックバラード。

 

表題曲と温度差がたいぶあるが、名曲なバラードソング。

 

こういったロックバラードを制作する時に、キーボードがメンバーだとより一層、ドラマチックになるなぁ、というのを素直に感じられる1曲で木村さんのキーボードが良いテイストをしていると思う。

 

Cメロ→間奏(ギターソロ)からのDメロ→サビの展開はコテコテとはいえ、信頼を裏切らない盛り上がりを見せ、上杉さんの伸びやかで艶やかなボーカルがグッと心惹かれてく。

 

03 恋せよ乙女(オリジナル・カラオケ)

コーラス有りのカラオケ音源。

時の扉同様、バックでは色々と面白いサウンドをしている。ベースがだいぶ主張している。